PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頬咽頭筋膜

 頬咽頭筋膜は頬筋、翼突下顎縫線および咽頭収縮筋を覆い、これらの筋が顔の表層に対して自由に動けるための筋膜隙をつくる。

 翼突下顎縫線は頬筋と上咽頭収縮筋との間にある腱性の構造物で、これらの筋の中央の部分の起始になっています。この縫線を除けば、上咽頭収縮筋、頬筋および口輪筋が連続した括約筋様の帯をつくっています。縫線は上の方では翼突鈎、下の方では下顎骨の顎舌骨筋線の後端に付いていて、その内面は口腔粘膜で覆われ、外面は頬脂肪体と呼ばれる多量の脂肪組織で下顎枝と隔てられています。

| 筋膜とは | 20時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ifri.blog34.fc2.com/tb.php/71-835707e8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT