PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

筋膜

 浅筋膜は皮膚の内面に付着しており、緩く編まれ、弾力性の線維でできた網目状の組織です。浅筋膜の内部には脂肪、血管構造(リンパ管を含む)および神経組織、特に皮膚受容器と呼ばれる層板小体があります。浅筋膜の緩く編まれた性質のために、皮膚はその組織の上で多くの方向に動かすことができ、液またはその他の代謝産物を蓄積するための潜在的スペースを持っています。
 深筋膜はより強く、より堅く、またより密度が高いです。

| 筋膜とは | 18時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ifri.blog34.fc2.com/tb.php/47-5baa2fb4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT