PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

会陰の浅筋膜

 皮下筋膜は浅深2層に分けられます。これらの層は前腹壁と似ており、また前腹壁のこれらに相当する筋膜と連続します。深層はスカルパ筋膜というかわりにコーレス筋膜と呼ばれています。浅層はキャンパー筋膜と呼ばれるものに相当し、クリュヴイエー筋膜ともいわれているが、普通は特別な名では呼ばれていません。


 会陰の前部(腹側部)、すなわち尿生殖部を覆う皮下筋膜浅層は相当量の脂肪組織を含み、明確な層になっていないのが普通です。陰嚢と大腿との境界の溝の中では、この筋膜が直接前腹壁のこれに相当する筋膜に続いています。またこの筋膜のさらに内側では、男性の場合で陰嚢の肉様膜中に深層と混ざり合って入り、女性の場合では大陰唇の大部分となります。また外側では大腿浅層の筋膜に続き、後側では肛門部の浅層の筋膜になっています。
 肛門部の皮下筋膜の浅層は坐骨直腸窩を占める多量の脂肪のために非常に厚い。この筋膜は後側では殿部と大腿後部の浅筋膜に続いていて、坐骨結節を覆う部は線維性の組織が増量して丈夫な当てものをつくっています。
 会陰の皮下筋膜深層(コーレス筋膜)は尿生殖部では明らかな構造をしています。この筋膜は強靭な膜であるが腱膜のような白色の光沢は示さず、弾性線維を含むために少し黄色を帯び、組織のきめがない。このなめらかで線維の状態を肉眼的には明らかにすることができ、特徴のある構造はこの部での深筋膜との鑑別をしばしば容易にする。前方では、陰嚢(陰唇)と大腿との間の溝の中で腹壁の皮下筋膜の深層(スカルパ筋膜)に続き、その内側方では浅層と結合して陰嚢の肉様膜になっています。正中線では筋膜は縫線に沿って浅層に付き、腹側では陰嚢中隔に続く。外側では、筋膜は内転筋の起始である坐骨枝と恥骨枝とに沿って大腿内側面に固く癒着しています。この部の前方では筋膜は伏在裂孔を覆う篩状筋膜に続いています。後方では浅会陰横筋の後縁に達すると坐骨直腸窩の方へ入り込み、深会陰横筋の後縁沿いに深筋膜と固く付くようになる。またこの筋膜は他のすべての層とともに会陰腱中心にも付いています。この筋膜(コーレス筋膜)と球海綿体筋、坐骨海綿体筋および浅会陰横筋を覆う深筋膜との間には明らかな筋膜隙が存在する。この筋膜隙は前腹壁でスカルパ筋膜下にある筋膜隙と連続するが、上述のように付着するため、外側と後方とでは閉ざされている。
 肛門部では、皮下筋膜の深層はその浅層とも癒着し、また深筋膜とも癒合している。深会陰横筋の後縁についてから肛門挙筋を覆う下骨盤隔膜筋膜(肛門下筋膜)にぴったりと重なって、坐骨直腸窩の深部に入り、肛門挙筋の起始部で閉鎖筋膜の骨盤外部を覆うように鋭く折れ返る。後方では、この筋膜は殿部と大腿後側との境に沿って坐骨直腸窩を離れる。

| 筋膜とは | 10時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ifri.blog34.fc2.com/tb.php/31-a4bc176a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT