PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

筋膜のストレスを作る最も一般的な要因 Cisler(1994)

・過った筋活動
・骨性変化に応じた筋膜の位置変化
・内臓の位置の変化(下垂症)
・脊柱の力学における突然または漸進的な変化

「筋の付着が連結していたり、近くに関節が関係していたりするために筋膜の緊張が大きくなっている特別な部位では、骨格の障害が局所の筋膜で著しい焼けるような種類の痛みを示すらしい」
筋膜における変化は、結局線維性の浸潤を起こし、一般水準よりも「ゾル」様の濃度となる受動的な鬱血を結果として生じることがあります。健康的な状況下では、「ゲル」様の基礎物質が流動力学の法則に従います。明らかに、コロイド状の物質に対してより抵抗の強い牽引ほど、これを正常化するのはより難しい。
 Scariati(1991)はコロイドは固くなく、それらは容器の形に従い、たとえ圧縮性でないにせよ、圧力に反応することを指摘しています。リリースさせようとするとき、粘性の牽引力と抵抗力をよけられるものならば、それらが抵抗しようとする量は運動の速度に比例して増加します。このため、優しい接触が根本的な必要条件になります。


 ストレスフルな力(不快な、治療上の)が筋膜に加えられたとき、ある程度のたるみをとる最初の反応がおこる。それに引き続き、口語的には「クリープ」と呼ばれるもの―程度の変化しやすい抵抗(組織の状態による)―が起こる。「クリ―プ」は、この力がコロイドの「牽引」に対する抵抗を引き起こさない程度の優しさである限り、持続的にかけられている負荷に応じて起きているゆっくりとした、遅い、しかし持続したストレッチを正確に表現する率直な用語である。もし防御的な反応を避けたいのなら、組織が許すペースでのストレッチに続いて、無理なく、「たるみを取り除く」ことを含んだ、ゆっくりとそして優しいストレッチをするために、METの適応の絶対的な必要性を強調する。
 筋膜が単一の構造で構成されているが故に、その構造における歪みに対して身体への反響が広範に関わることは明らかである。この種のことが起こしうるマイナス影響の一例は、一般的には難産(産道における時間の長すぎ、短すぎ、鉗子分娩など)の中に歪められている頭蓋や小脳テントや大脳鎌の内部で筋膜分割に見いだされる。それはあまねく身体にある筋膜(それは従って、その筋系)による全身の力学に影響する頭蓋仙骨治療に記されている。
 Cantu(1992)は結合組織の「変形の特質」はその「独特な」特徴であるように見ていると述べている。これは弾力のある(一時的な)変形の特質はもちろん、結合された粘性の(恒久的な)変形の特質にも関係している。結合組織は加えられた機械的な力に対して第一の変化として長さによって応答し、その後この変化のいくつかはそのまま残るということが臨床的に重要な方法を導く。この現象には、それらが姿勢性と他の反復性の傷害に反応する方法で関わるのはもちろん、その様な組織へのストレッチ・テクニックの適用で関わることで、理解される。
 しかしながら、ちょうど骨がそれに課せられたストレスに順応する様に、筋膜もそうであろうが、コラーゲン(筋膜/結合組織の生の材料)に限られた半減期(300~500日)がある故に、その様な変化は永久的ではない。従って、もしマイナスのストレス(姿勢や使用など)がよりよいものに変調されたり、あるいはプラスになる「ストレス」が課せられるなら―例えば、マニピュレーションや運動訓練で―機能不全の結合組織は一般に時間をかけて改善する。

| 筋膜とは | 14時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ifri.blog34.fc2.com/tb.php/20-0d86af04

PREV | PAGE-SELECT | NEXT