PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Rolf 1962

 筋膜の役割に対して私たちは非常に無知である。従って、理論的にでさえ、身体を包む浅筋膜のその層がよりよい組織であれば、構造的外見だけでなく、機能的にも遠い場所での変化が起こるかもしれないという可能性を見逃すのは簡単である。劇的な変化は体の中で、適切な方法で、ただ浅筋膜のストレッチ、分離、リラックスをすることにより生じるかもしれないことを、実験が証明している。オステオパシーの施術者は身体のすべての、それは筋、神経、循環器や器官で、浅筋膜に反映する退行変性の程度を観察し、記録してきた。どんな退行変性の程度でも、それがいかに微小であろうとも、筋膜の容積を変化させ、その厚さを変調し、緊張と強直がある領域の筋膜を隆起させる。逆に、この弾力のある包みがストレッチされ、徒手的に機械的エナジーがそれに加えられるにつれて、筋膜の膠質はより「ゾル」になり、「ゲル」は少なくなる。それに当てた方向が貢献するのはもちろん、エナジーを加えた結果として、空間で体の部分の位置を決定する筋群を含む構造と、それらの相互関係も、正常にやや近づく。

| 筋膜とは | 18時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ifri.blog34.fc2.com/tb.php/18-65027373

PREV | PAGE-SELECT | NEXT