PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

結合組織 Connective Tissue

(広義の)結合組織{疎性結合組織、緻密結合組織、脂肪組織、細網組織、膠様組織、血液、リンパ、骨、軟骨

疎性結合組織 Loose Connective Tissue
 全身に広く分布する結合組織で、細胞や線維の種類は多いですが、数は少ないです。
細胞はに、ほとんど移動しない固定細胞(線維細胞、脂肪細胞)と、組織内を自由に動き回る自由細胞(大食細胞、形質細胞、リンパ球、単球、好酸球)があります。
 間質は線維(膠原線維、弾性線維)と、きまった形をもたない基質とからなります。
 
疎性結合組織は、大部分がゲル状の基質が占め、その中に、線維(膠原線維、弾性線維、細網線維)と少数の細胞(線維芽細胞、マクロファージ、形質細胞、脂肪細胞、肥満細胞)から構成されています。
膠原線維は、ゆるやかに波を打つ、やや太い束を作るのに対し、弾性線維は細く、直線的に走りながら網を作るので、できかけのクモの巣のように見えます。


緻密結合組織(密線維性結合組織)Dense Connective Tissue
 膠原線維が多く、基質が少ない組織を緻密結合組織といいます。膠原線維がさまざまな方向に走るものを不規則性緻密結合組織(交織線維性緻密結合組織)、膠原線維が一定の方向に走るものを規則性緻密結合組織(平行線維性緻密結合組織)といいます。

皮膚の真皮や、各種の器官の表面をおおう被膜などが、不規則性緻密結合組織の例としてあげられます。

規則性緻密結合組織の代表的なものとして、筋肉と骨をつなぐ腱があげられます。


弾性組織 Elastic Tissue
 膠原線維の代わりに太い弾性線維が主体となる組織を弾性組織といいます。弾性線維の間に細い膠原線維や線維細胞が散在します。弾性線維はいくつもの束を作り、それぞれの束が少量の疎性結合組織によって結合されています。

脊椎の椎弓をつなぐ黄色靱帯や動脈の弾性板などが例としてあげられます。
首筋にある項靱帯は代表的な弾性組織で、ゴムのような弾力によって重い頭を釣り上げ、筋肉の負担を軽くしています。

脂肪組織 Adipose Tissue(Fat Tissue)
 脂肪細胞は疎性結合組織にもみられますが、脂肪細胞が特に密集した組織を脂肪組織といいます。人体に見られる脂肪組織は、ほとんどが白色脂肪細胞と呼ばれる型のものであるが、コウモリやネズミなどには、褐色脂肪細胞という別の種類の脂肪組織がみられます。


細網組織 Reticular Tissue 
 細網細胞は、一種の線維細胞です。多角形の細胞体から数本の長い突起を出し、突起の先端で互いにつながりあって、立体的な網工を作っています。細胞の間には、基質も線維もほとんどありません。この間には、自由細胞(リンパ球・赤血球・白血球あるいはそれらのもとになる細胞)が、ぎっしり詰まっています。


膠様組織 Gelatinous Tissue
 胎児にみられる、きわめて原始的な結合組織です。膠様組織も、長い突起を出した線維細胞の網工からなっています。この細胞は原始的な線維細胞なので、厳密な意味での線維芽細胞といえるでしょう。細網組織と違って、この組織では、線維が細胞の間に多量の基質があり、その間を細い膠原線維がまばらに走っています。生後はこの組織は他の結合組織に置き換わります。成体では、歯髄にこれに似た組織がみられます。


線維細胞は、普通膠原線維の近くに見られます。この細胞は、細長い細胞体から数本の突起を出しています。

線維細胞は、膠原線維、弾性線維、基質のすべてを合成すると考えられています。

基質は、均一無構造な物質で、タンパク質と多糖類が主になっています。

| 筋膜とは | 22時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ifri.blog34.fc2.com/tb.php/15-c679fb9c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT