PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

会陰筋膜

 会陰筋膜は、尿生殖隔膜をその内・外両面より覆うところから尿生殖隔膜筋膜とも呼ばれます。
内面のものを上尿生殖隔膜筋膜といい、外面のものを下尿生殖隔膜筋膜(会陰膜)といい、それぞれ恥骨結合および左右の坐骨結節間に張っています。
両筋膜が、後方で癒着するところを会陰横中隔といいます。
尿生殖隔膜は、上・下尿生殖隔膜筋膜、深会陰横筋、尿道括約筋から構成されます。
また、尿生殖隔膜の前縁には、上・下尿生殖隔膜筋膜が帯状の靱帯となるところがあり、ここを会陰横靱帯(尿道前靱帯)といい、恥骨弓靱帯との間に陰茎または陰核背動・静脈が通ります。


尿生殖隔膜は会陰前方の小部分の尿生殖三角にあって、恥骨結合、左右の恥骨弓の間にある会陰筋および筋膜をいい、男では尿道、女では尿道および膣に貫かれる。
尿生殖隔膜は、深会陰横筋、尿道括約筋、上・下尿生殖隔膜筋膜から構成されます。

| 筋膜とは | 06時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ifri.blog34.fc2.com/tb.php/102-5492850c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT