PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コーレス筋膜、ダルトス筋膜について

浅会陰筋膜は浅・深2層に分けられる。
浅層は特に名称はなく、下腹部の皮下筋膜浅層(キャンパー筋膜)に続く。
深層はコーレス筋膜といい下腹部の皮下筋膜深層(スカルパ筋膜)に続き、その内側では浅層と結合して陰嚢の肉様膜となる。
肉様膜に続く皮下筋膜を陰茎ではDartos筋膜(浅陰茎筋膜)ということになるのでは。

深会陰筋膜(外会陰筋膜、ガロード筋膜 Gallaudet)は、坐骨海綿体筋と球海綿体筋を被う。
前方では深陰茎筋膜(Buck筋膜)に続く。
上方では腹部の深筋膜から続いている。

陰茎の最深部では、3つの海綿体は、それぞれ結合組織性の硬い白膜(陰茎海綿体白膜、尿道海綿体白膜)に包まれている。

これからも、会陰部の筋膜の基礎ならびに臨床に貢献すべく会として研鑽する予定です。


会陰とは、狭義には肛門と外陰部(男では陰茎根、女では膣前庭)との間の小部分を指し、また広義には骨盤底の骨盤出口の全体をいう。

陰茎海綿体白膜には、陰茎堤靱帯と陰茎ワナ靱帯が付着します。

| 筋膜とは | 06時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ifri.blog34.fc2.com/tb.php/101-f80adc0b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT