2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

胸部の筋膜

胸筋筋膜
大胸筋の全表面を被い、特に内側上方が発達し三角筋(大)胸筋溝で深胸筋膜と合します。上方は頚部の筋膜の浅葉に、下方は浅腹筋膜に、外側方は三角筋筋膜および腋窩筋膜に移行し、内側方は鎖骨に付きます。

深胸筋膜
大胸筋の下で、小胸筋を被い上外側方に向かって次第に強まり、鎖骨胸筋筋膜をつくります。この鎖骨胸筋筋膜は強靭な烏口鎖骨靱帯によって補強され、血管・神経の通る孔があります。上方は鎖骨および烏口突起に、内側方は上方の肋軟骨に付き、外側方は血管輪に癒着して腋窩筋膜に移行します。鎖骨下筋膜は鎖骨下筋を包み、烏口鎖骨靱帯の線維と交差します。

胸内筋膜
胸郭の全体および内肋間筋の内面を被い、胸郭の後方部ではやや肥厚しています。下方は横隔筋膜に移行します。胸内筋膜の内方は胸膜と密に接します。

| 筋膜とは | 14時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT