2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

喉頭部(下咽頭)

 咽頭の下端部で、前方は喉頭口によって喉頭腔に通じ、喉頭口の左・右側で甲状軟骨板と披裂喉頭蓋ヒダの間にできた凹みを梨状陥凹といいます。
その粘膜下には上外側方から下内側方に向かって上喉頭神経が走り、喉頭神経ヒダとなります。
喉頭口の下方では、咽頭の前壁と後壁とは互いに近接し、裂隙状を呈し、第6頚椎の高さで食道に移行します。

| 筋膜とは | 20時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |