2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水腫(浮腫)

定義
 細胞と組織は血液から供給される酸素と栄養物により生存が可能になり、また液体のバランスにも強く依存している。体液はヒトの体重の約60%を占め、またそれは細胞内の水分が40%、細胞外の水分が20%(組織間の水分15%、血清の水分5%)と推定されている。
おおざっぱにいって、細胞内の水分にはK⁺、組織間の水分はンNa⁺、Cl⁻、血管内の水分には蛋白が多い。体液は電解質を溶かし、酸塩基平衡、浸透圧などを保ち、細胞の体積を保持し、細胞代謝を保証している。体液の移動は流体力学的な法則、浸透圧隔壁の性情、ホルモンなどの統制を受ける。水と電解質の異常は、細胞代謝へさまざまな影響を与え、重篤な場合は局所の壊死あるいは全身性の死を招く。
 水腫とは細胞間あるいは体腔に異常な量の水が蓄積した状態をいう。全身性のものと局所的なものがある。浮腫とは通常皮下の水腫状態をいう。アナザルカとは強い全身性の水腫のことをいう。
 体腔などに水の貯まった状態を腔水症といい、部位により腹水症(通常、腹水)、水胸症(通常、胸水)、心嚢水腫(通常、心嚢水)、関節水腫、陰嚢水腫、水頭症などという。静水圧の異常による水腫の場合のような非炎症性の水腫の液体は濾出液といい、蛋白濃度が低く、比重が1.012より低い。炎症性の時は比重が通常1.020以上で、蛋白濃度が高く、滲出液という。

| リンパとは | 12時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT