2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

筋膜のストレスを作る最も一般的な要因 Cisler(1994)

・過った筋活動
・骨性変化に応じた筋膜の位置変化
・内臓の位置の変化(下垂症)
・脊柱の力学における突然または漸進的な変化

「筋の付着が連結していたり、近くに関節が関係していたりするために筋膜の緊張が大きくなっている特別な部位では、骨格の障害が局所の筋膜で著しい焼けるような種類の痛みを示すらしい」
筋膜における変化は、結局線維性の浸潤を起こし、一般水準よりも「ゾル」様の濃度となる受動的な鬱血を結果として生じることがあります。健康的な状況下では、「ゲル」様の基礎物質が流動力学の法則に従います。明らかに、コロイド状の物質に対してより抵抗の強い牽引ほど、これを正常化するのはより難しい。
 Scariati(1991)はコロイドは固くなく、それらは容器の形に従い、たとえ圧縮性でないにせよ、圧力に反応することを指摘しています。リリースさせようとするとき、粘性の牽引力と抵抗力をよけられるものならば、それらが抵抗しようとする量は運動の速度に比例して増加します。このため、優しい接触が根本的な必要条件になります。

≫ 続きを読む

| 筋膜とは | 14時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |