2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

筋膜と血管神経束

 筋膜は、中胚葉に由来します。全身の皮下には、浅筋膜と呼ばれる疎性結合組織の層が広がっています。この層には、膠原線維とさまざまな量の脂肪が含まれています。浅筋膜は皮膚の可動性を高め、断熱材の役目をし、代謝に利用できるエネルギーを貯蔵しているのです。深筋膜は、四肢と体幹の各筋をとり巻き分割している緻密結合組織の膜です。これも主として、膠原線維からできています。
 個々の筋の間には、各筋に埋め込まれている結合組織を仕切る筋膜面があります。四肢と頚部では筋群を迂回し、筋膜の間を走る深筋膜が骨膜に連絡しています。筋群を仕切る深筋膜は、筋間中隔と呼ばれます。これは筋群を迂回する深筋膜とともに、機能や神経支配の似通った筋群をまとめているのです。長く伸展する筋の間にある深筋膜は、疎性結合組織でできており、筋の運動を助けています。結合組織である筋膜は、筋骨格系に可動性と安定性をもたせています。筋膜は全身にわたって連続性を保っています。
 末梢の神経、血液、リンパ管は筋を仕切っている疎性結合組織筋膜の中にあります。これらの神経や血管は筋膜によって束ねられ、一固まりの神経血管束を形成しています。

≫ 続きを読む

| 筋膜とは | 12時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |