2005年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Andrew Taylor Still の筋膜に関しての語録

・「筋膜は病気の原因を探すべき場所であり、治療の行動を始めるべき場所である」

・「私は狩猟場として筋膜に匹敵するほどの体内部位をを他に知らない。体の他の場所よりも筋膜の研究をする時に心の目により豊かで金色に輝く考えが浮かぶということを私は信じている。筋膜が生と死において演じる役割は解決すべき最大の問題の一つである。筋膜は体内の全筋肉、脈、神経と臓器を取り囲んでいる。神経細胞が流れ込み流れるネットワークを構築している。即ち、生命に関わり、また破壊的でもある液体を分泌、排出する働きをしている何百万という神経の中心と組織が筋膜を交差している。この作用で私たちは生きており、これが不全になれば私たちは死ぬ」

・「何らかの疾病が発現するずっと前から筋膜のリンパ管と細胞システムは不純で不健康的な液体で満たされており、発酵として知られる変化の過程とそれに伴う電磁気の乱れは、我々が治そうとしている疾病の90%以上を引き起こしている。私はずっとそう考えてきた。」 -A. T. Still, 1900

≫ 続きを読む

| 筋膜とは | 10時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |